背中のゾクゾク。錠剤(オンケツ錠)もあるよ~

爪の縦線に神仙太乙膏(しんせんたいつこう)。塗ってみましたぁ

ばあばの薬箱(市販の漢方)
スポンサーリンク

爪の縦線に神仙太乙膏。塗ってみましたぁ

先日、爪の縦線に神仙太乙膏(しんせんたいつこう)を塗るように、東京都青梅市の漢方薬の先生にご指導いただきましたので・・・

寝る前に試してみました。

 

少しづつ出して爪に塗ります。

爪だから本当に少しで良いんだね。

 

人差し指で1本づつ塗ります。

油分がある軟膏なのでベタベタします。

 

“これって寝具にくっついてしまうなあ。”ちょっと、ばあば心配。

 

まあ、しばらく放置して様子を見てみよう・・・。

タイマーで計ったら10分で馴染み、ベタベタしなくなりました。

明朝はどうなってるかな?

 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑

ここまでビフォー(before)

 

スポンサーリンク

↓ ↓ここからアフター(after)

朝です。

爪の線が乾燥して白くなってしまうのが改善されて、きれいな爪になっています。

 

何本もある縦線が乾燥して白く見える爪は目立ちますが色がきれいだと目立たない気がします。

驚いたのは指先なんですが、軟膏のおかげでツルッツルになっていました。

 

指紋が無いんじゃないの?と思う程ツルツルでした。

洗剤で指先の皮膚が荒れてる方は指先に塗ると良いと思いました。

 

一度縦線が入ってしまった、ばあばの爪は治らないかもしれません。

でも神仙太乙膏(しんせんたいつこう)で目立たなく出来る事が解って良かったです。

 

10分放置する余裕があれば昼間もOKだと思いました。

神仙太乙膏 税込1,836円で踵(かかと)のケア、そして手指の荒れや爪のケアが出来るなら安い、安い。
まだ当分 使えそうです。

 

・・・ということで、
神仙太乙膏(しんせんたいつこう)を塗って3日後の経過報告でした。

では、またね。
 

 

爪の縦線。老化が原因か  (ヘ;_ _)ヘ ガクッ
結論から言うと老化が原因だそうです。ですよね。若い方は爪がきれいですもの。それと長年の台所仕事。お湯や洗剤で爪も傷むのだそうです。

 

踵のガサガサ その後の神仙太乙膏(しんせんたいつこう)
良~く足を石鹸で洗って清潔にして「神仙太乙膏」を塗り靴下をはいて寝るだけでOKでした。ただし、軽石で角質を取るお手入れは、踵水虫の方はしてはいけません踵水虫かどうかは皮膚科を受診して調べてくださいね

 

神仙太乙膏(しんせんたいつこう)を踵に塗ってお試しケア・・。
次に出たのが「神仙太乙膏」です。丁寧に足の裏に塗って靴下を履いて寝ます。“褥瘡に塗るお薬なので踵もツルツルになるでしょ。朝が楽しみ~”と昨夜寝てしまいました。

 

 

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。