ばあばは厳寒期こそ「マグマオンセン別府」です。o(^-^)o

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、ばあばの苦手な稲科花粉の特効薬

ばあばの時節ご挨拶
スポンサーリンク

お元気ですか?

ばあばは、ここ数日 鼻の奥~喉にかけてキィーンと痛くて、目が覚めます。

 

花粉症は1月~杉、檜と続いているのですが、キィーンと痛くなる事はありません。

1番苦手なのは、そろそろ始まった稲科の花粉のようです

 

それでも荊芥連翹湯を飲めば効果覿面でキィーンという痛みも直ぐ取れ快適に過ごせます。

あの痛みが取れるなんて、凄いなあとつくづく思います。

 

でも1日3回を守らないと花粉症の症状が直ぐに出ますから外出の際には携帯しています。

 

体は正直ですね。

去年までは毎週、注射に通っていたのに、今年は荊芥連翹湯のおかげで楽に過ごしています。

東京都青梅市の漢方の先生に電話で相談して送っていただいています。

 

先生の説明はいつも理路整然としていて、この「頑固ババア」を納得させてくれます。

おかげで医者の送迎を家族にしてもらわなくて済むようになりました。

 

漢方薬と先生との出会いに感謝です。

あなたは花粉症はどうですか?健やかに、お過ごしになられるよう願っています。

では、またね。