ばあばは厳寒期こそ「マグマオンセン別府」です。o(^-^)o

腎臓仙(じんぞうせん)との運命的な出会い。「めっけた!」

腎臓仙(じんぞうせん)
スポンサーリンク

鍼(はり)に行って来ました。

いつも お世話になっている鍼(はり)の先生

「腎のエネルギーは親からもらう物で量は決まっているんだよ。

量が少しづつ減って無くなった時に人は亡くなるんだよ」

と教えてくださいました。

あまりにも解りやすい説明に、
ばあばは“恐いな”と思いました。

“こうしてはいられない。常に腎を補い続けなければ・・・”と思いました。
その際に思い出したのが「腎臓仙(じんぞうせん)」でした。

 

 

 

スポンサーリンク

腎臓仙(じんぞうせん)って・・・。

体に負担がなく、副作用がなく、年配者にも飲める薬なんて、なかなかあるもんじゃない。

あ~この漢方薬に出会えて良かった。

東京都青梅市の漢方の先生に感謝だと思いました。

人も薬も、出会えるかどうかは『』だとばあばは思います。

その出会いを無駄にしなかった自分を褒めてやりたいと思います。

あなたにも『』がありますように・・・。

では、またね。

三和生薬 腎臓仙の利用は、薬剤師的に『日本人のための和漢療法』の一つと言える。
三和生薬 腎臓仙の利用は、薬剤師的に『日本人のための和漢療法』の一つと言える。基本的には、漢方薬(一般漢方処方)には無い、伝承されてきた日本人のデリケートな体質に合う、「和の漢方療法」と私は呼んでいます。1袋を土瓶または急須に入れ適宜の熱湯
あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。