背中のゾクゾク。錠剤(オンケツ錠)もあるよ~

神戸フランツの「魔法の壷プリン®」。「ばあば」いよいよ実食のお時間!!

ばあば流ダイエットご褒美
スポンサーリンク

神戸フランツの「魔法の壷プリン®」。「ばあば」いよいよ実食のお時間!!

こんばんは。「ばあば」です。待ちに待った、実食のお時間がやってきました。

神戸フランツ魔法の壺プリンのお時間ですよ。ご一緒に食べましょうよ。
今週はいろいろなことがありました。明日は日曜日です。

【壺プリンをいよいよ実食する】

その前に、もう一度、前回のおさらいを・・・。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

うわさの神戸フランツの「魔法の壷プリン®」届いた!!
プリンが入っているのは、煉瓦色の素焼きの容器。さらさらの手触りも。更に、4つのプリンをフランツオリジナルBOXに詰め合わせてお届け。神戸らしいイカリの刻印が好評。

 

元はと言えば異人館の街・神戸北野町にあるフランツ北野工房で毎週土日限定50個で販売していたプリンでした。
なんとそれが現在では、1日に25,000個完売!!という伝説のプリン。。と、巷では大変なことになっています。

前回の投稿では、「ばあば」の家に荷が届いて包装を開封し、冷蔵庫に入れて6~7時間かけて解凍するところまで見て頂きました。

さて、いよいよ実食の瞬間がやってきました。

こんな感じ・・ですね。決して多くは言いません。。


これって普通のプリンとは違うことは一目瞭然。

初めての時は正直驚きました。ちなみに、プリンのことを「とろとろカスタード」と表現している・・・なるほど。

 

 

スポンサーリンク

3層を一緒にすくいあげて口の中に入れる

スペシャル美味しく食べるコツとして、3層を一緒にすくいあげて召し上がること。。
はい、お口の中に入れてみましょう。ほらっ、異次元の世界へようこそ。

もう口の中は異次元世界。これぞ魔法の食感!

何このプリン!?今までのプリンで味わったことのないプリン。思わず絶句した初対面の日。

あの日、あの時が蘇り、「ばあば」の体は素直(すなお)に反応。

この感覚なんです。この多幸感はなんとも表現できません。だから魔法なんですね。。。

最初まろやか、次に芳醇、次第に多幸感への推移はまさに絶妙!

カスタードが濃厚なプリンの上には、ふんわり甘いクリーム。そして底には、丹念に煮詰めた香ばしいカラメルソース。食べすすめるうちに、次々に美味しさが追いかける、絶妙なハーモニーに。口の中で3つの味が絡まり合う、まったく新しいプリンです。

美味というフレーズが陳腐に聞こえる、この体感が魔法の人気なのでしょうね。絶妙の食感でした。

「ばあば」の胸中は1週間ぶりの感涙スイーツ。私、幸せです。。

美味しい食べ方は・・・。
●冷蔵庫で解凍
冷蔵庫内で6~7時間かけて解凍して頂くと、風味を逃がさず、プリンとクリーム、カラメルソースのハーモニーが、ひんやり際立ちます。

神戸魔法の壷プリン(R)4個入

1,445円(消費税込:1,560円)

神戸の写真(おまけ)

最後までお読み頂きありがとう。

あこがれの神戸。横浜の「赤煉瓦」と並び、神戸の「煉瓦倉庫」はあまりにも有名。
六甲山からの神戸の夜景は、エキゾチックで最高です。


心通い合う方と、一度は一緒に歩いてみたい。。そんなロマンを胸に秘めて「魔法の壺プリン」を「ばあば」が実食してみました。またね~♪