サイトをリニューアル「Cocoon(コクーン)」バージョンにしましたぁ~

ばあば うっかり火傷 (>_<) 神仙太乙膏(しんせんたいつこう)

ばあばの薬箱(市販の漢方)
スポンサーリンク

ばあば うっかり火傷 (>_<) 神仙太乙膏(しんせんたいつこう)

腎臓仙を急須に入れて何杯か飲むと捨ててしまわずに、その腎臓仙を5分位煮出して飲んでいるばあばです。

出がらしのようですが とても良い薬なのです。

 

いつものように煮出してカップについだ直後でした。

カップを倒してしまったのです。

熱湯が足にかかってしまいました。

 

「あ~ 熱 熱い❗」急いで靴下とズボンを脱ぎましたが

踵の辺りが赤くなりヒリヒリします。

 

スポンサーリンク

“どうしよう”

その時思い出しました。

「火傷をした時には神仙太乙膏を思い出して下さい。
一般的には紫雲膏(しうんこう)が火傷(やけど)対応で知られていますが、
実は神仙太乙膏(しんせんたいつこう)も軽い火傷には、むしろ即効性があります。

という東京都青梅市の漢方の先生の言葉を・・・

神仙太乙膏(しんせんたいつこう)「コタロー」を掲載
【神仙太乙膏(しんせんたいつこう)のいわれ】『和剤局方』の治瘡腫傷折に「八発癰疽(全身の化膿性腫瘍)、一切の悪瘡軟癤(悪性の腫れ物や毛嚢炎)を治す。年月の深遠を問わず、已に膿を成すにも、未だ膿を成さざるにも、これを貼れば即ち効あり。」とある

 

“火傷のケアは1秒でも早い方が良いのだから直ぐ塗ろう”

少し広範囲に塗りました。

するとビックリ⤴

痛みが直ぐに引けたのです。

夜には忘れて入浴してしまいました。

神仙太乙膏 おそるべし

 

あなたは常備薬をお持ちですか?

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。