背中のゾクゾク。錠剤(オンケツ錠)もあるよ~

ばあばも桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)⤴

桂枝茯苓丸
スポンサーリンク

ばあばも桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)⤴

女盛りを過ぎたらホルモンは関係ない

と思いますか?

実はいくつになっても「血の道」の影響は受けます。

「生理」は上がったけれど、肩こり、腰冷え、手足の冷え等

不定愁訴は相変わらず、ばあばを悩ませます。

それゆえ「年寄りになったから血の道から解放。\(^_^)/」とはいかないのです。

 

 

スポンサーリンク

そこで…

必要なのが「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」⤴

小さな小さな丸剤ですが良い働きをします。

更年期の頃は極度の冷え症で、真夏の新幹線ではホカロンを腹部と大腿部に使用してました。

真夏ですよ。

加えて夏の大判ストールを首にグルグル巻いて上着も着ました。

血の巡りが悪かったのですね。(>_<)

今は桂枝茯苓丸のおかげで夏のホカロンは不要になりました。(^_^)V

いくつになっても「女性としての体」を大切にしてあげる必要があると思いました。

あなたは腰が寒くありませんか?

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。