背中のゾクゾク。錠剤(オンケツ錠)もあるよ~

ばあばの目の痛みに洗肝明目湯(せんかんめいもくとう)

洗肝明目湯
スポンサーリンク

ばあばの目の痛みに洗肝明目湯

今年の1月中旬~洗肝明目湯(せんかんめいもくとう)を飲み始めました。

漢方の先生を紹介した知人から御礼の電話をいただいたのがきっかけでした。

「青梅市の漢方の先生を紹介してくれて有り難う。飛蚊症が治ったよ。」

「え?嘘~本当?」

「3ヶ月で治るなんて凄い⤴」

と言うわけで、ばあばも飲み始めたわけです。

洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)は、目の充血、目の痛み、目の乾燥に。当店では飛蚊症にも。
現在では難治な飛蚊症(ひぶんしょう)の場合、当店では非常に改善例の多い洗肝明目湯 (せんかんめいもくとう)を第一選択としております。 ポイントとしては、「証(しょう)」として患者の体力が中等度であること、飛蚊症をはじめ眼精疲労が強く、充血、鈍痛、乾燥感などを伴うケースに用います。

4ヶ月飲みましたが、ばあばの飛蚊症は治りません。

知人は50才位で若いからなぁ~。

同じようにはいかないね。

漢方薬を飲み続けていると…

漢方薬が効いているのに有り難みが薄くなる時があります。

 

そんな時に、ばあばはその漢方薬を3~5日休みます。

そう。洗肝明目湯の服用を数日休んでみました。

スポンサーリンク

すると・・・。

目が痛い。目の奥が痛い。片目をつぶってテレビを見たりスマホを見るようになりました。

そうだった。

毎日目が痛くて夜は痛い方の目を閉じて片目でテレビを見ていたんだっけ。(>_<) 洗肝明目湯(せんかんめいもくとう)・・・・。 感謝を忘れた自分に腹が立ちました。 喉元過ぎれば熱さを忘れたばあばでした。(>_<)

慌てて飲んだら数日で目の痛みがとれました。

今は毎日飲んでいるので寝るまでテレビもスマホも見れます。

 

あなたの目は元気ですか?

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。