サイトをリニューアル「Cocoon(コクーン)」バージョンにしましたぁ~

ばあば、発熱時も腎臓仙(じんぞうせん)(>_<)

腎臓仙(じんぞうせん)
スポンサーリンク

ばあば、発熱時も腎臓仙(じんぞうせん)(>_<)

発熱の際には、脱水症状にならないよう水分補給が必要になります。

氷を入れた冷たい水は発熱時には気持ち良いですね~

でも、何杯も飲むと胃に悪いです。(>_<)

 

室温の水の方が体には優しいと思いますが、ばあばは何杯も飲めない。(>_<)

味がないと何杯も飲めないので、ばあばは腎臓仙を飲んでいました。

 

スポンサーリンク

急須に腎臓仙を1袋入れて、お湯をさして飲みます。

腎臓仙は薄くて飲めば美味しく飲めます。

 

濃い方が効果があるのではないかと煮出す方がいますが…

その必要はありません。薄くても十分なのです。

ばあばは濃い腎臓仙は美味しく飲めません。

薄くして食後と食間に飲めば1000ccは飲めます。

発熱時には腎臓の負担も多くなります。

腎臓仙でケアすれば安心です。

三和生薬 腎臓仙の利用は、薬剤師的に『日本人のための和漢療法』の一つと言える。
三和生薬 腎臓仙の利用は、薬剤師的に『日本人のための和漢療法』の一つと言える。基本的には、漢方薬(一般漢方処方)には無い、伝承されてきた日本人のデリケートな体質に合う、「和の漢方療法」と私は呼んでいます。1袋を土瓶または急須に入れ適宜の熱湯
腎臓仙(じんぞうせん)
「腎臓仙(じんぞうせん)」の記事一覧です。

普段毎日飲んでいましたが、発熱時には特に意識して飲みます。

 

腎臓仙を買ったけど不味くて飲めなかったという方はいらっしゃいませんか?

ぜひ、もう1度薄くして飲んでみて下さい。

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。