ばあばは厳寒期こそ「マグマオンセン別府」です。o(^-^)o

老人性皮膚掻痒症に紫雲膏はどうか?

味麦地黄丸(みばくじおうがん)
スポンサーリンク

老人性皮膚掻痒症に紫雲膏はどうか?

味麦地黄丸(みばくじおうがん)で効果が出るまでの間、膝~足首にかけての痒みが酷くなりました。

味麦地黄丸(みばくじおうがん)を試したばあば。嘘っ~♪
お元気ですか?寒い日が続きますね。テレビのCMのように、ばあばの手足が乾燥して痒いです。黒い下着をわざと着ているのですが、白い粉が沢山下着の裏に付くようになりました。

ばあばの皮膚は、徐々に悪化し盛り上がり赤くなってしまいました。

“我慢をして、1日1回しか掻かないようにしていたのになあ。”

“困ったなあ。ん~ん”

その時に、アトピー性皮膚炎の方が紫雲膏を塗っていたのを思い出し塗ることにしました。

半信半疑で寝る前に塗りました。

結果はどうかな?

起きて直ぐに見てみました。

皮膚の赤みが取れていたんです。盛り上がっていた皮膚も目立ちません。

痒みはありましたが軽度になっていました。

スポンサーリンク

「紫雲膏(しうんこう)、おそるべし。」

漢方薬を注文するのにあたり送料を無料したくて、“何かないかなあ。火傷やすり傷の漢方外用薬があっても良いかな”

そう軽く考えて購入した薬に助けられました。

東京都青梅市の先生が「紫雲膏も色々種類がありますが、この紫雲膏をお勧めします。」

紫雲膏(しうんこう)・漢方軟膏の薬剤師解説
紫雲膏(しうんこう)は100%天然物成分で構成された安心・安全な漢方を主体とした軟膏です。ステロイド剤にありがちなリバウンドや副作用などは有しません。ウチダの紫雲膏は、独自の豚脂を用いており、よく伸び、患部への浸透性も良好で、紫雲膏のベストブランドとして人気が高い製品です。

と、おっしゃった紫雲膏でした。

確かに家にあった紫雲膏とは全然違いました。

漢方薬をどう選ぶか、いつ使用するかが大事なのだと思いました。

あなたの体は痒くありませんか?

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。