背中のゾクゾク。錠剤(オンケツ錠)もあるよ~

ばあば 弱虫肌になりました。ガクッ (>_<)

ばあばのおススメ商品
スポンサーリンク

ばあば 弱虫肌になりました。ガクッ (>_<)

ばあばは年々、肌が弱くなっています。

皮膚が乾燥して白い粉がふいたようになります。

そうなると、その皮膚は痒くなります。

 

そこで・・・体を洗う石鹸類に注意するようになりました。

また、ボディクリームも使うようにして乾燥に気を付けています。

加えて、暖かい下着もチクチクしたり、痒くなるようになりました。

面倒くさいねぇ。年寄りになると(>_<)

若い時はな~んにも気にしないで良かったのにね。

それから洗剤もダメになりました。

痒いのです (;´д`)

そこで、今は自然食品のお店で売っている洗剤を買い求めて使用しています。

「エコベール」という洗剤です。これは痒くならないです。

 

エコベール ランドリーリキッド(洗濯用液体洗剤) 本体1500ml

新品価格
¥936から
(2017/12/31 08:03時点)

 

 

スポンサーリンク

味麦地黄丸(みばくじおうがん)!?

そういえば、東京都青梅市の漢方の先生が、老人性皮膚掻痒症に『味麦地黄丸(みばくじおうがん)「コタロー」』が効果的だとおっしゃってました。

コタローさんの地黄は、ご年配者の体に優しく、とても質が良いのだそうです。

試して見る価値はありそうですね。

味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。
「味麦地黄丸(みばくじおうがん)は六味丸に、肺に潤いを与える麦門冬と咳を鎮める五味子を配合。いよいよ紅葉の季節。木の葉も色づき、鮮やかさもひとしお。ところで貴方の鎧となる皮膚バリアーはいかがですか?ご年配者もこの季節になると乾燥し、乾燥性の

 

中から外から、助けてあげないと若い時のようにはいきませんね。

でも方法が有るのだから大丈夫~(^_^)V

前向きにいきましょ⤴

 

あなたは、いかがお過ごしですか?

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。