背中のゾクゾク。錠剤(オンケツ錠)もあるよ~

サンワ荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)で花粉症を乗り切った、ばあばです。

ばあばのおススメ商品
スポンサーリンク

サンワ荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)で花粉症を乗り切った、ばあばです。

朝晩が寒くなりましたね。

稲科の花粉に悩まされた日々にお別れが出来そうです。

キンモクセイの花も落ち、そちらの花粉とも、お別れです。

ばあばは、とうとう、医者に行かず漢方薬だけで今年は乗り切りました。

頑張りましたぁ

 

ばあばは医薬品に敏感で、抗生物質で胃が悪くなり吐いたりしてしまうのです。

花粉症の医薬品は頭がボーッとしてしまい、買い物に行っても、おつりの計算が出来ません。

そういう訳で漢方薬で健康管理をしているのです。

扁桃腺炎か?と思う程、痛かった喉の痛みも、数日前から、すっかり治り楽になりました。

ヤレヤレ (^_^;)

サンワ荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」本当にお世話になりました。感謝、感謝です。

「サンワ荊芥連翹湯」を三年継続して飲み続けて花粉症が治った方がいると聞いた事があるので・・・

ばあばも飲み続けてみようと思います。

来年の春は、どんな按配かな?

来年の自分が楽しみ、楽しみ (^_^)V

 

あなたは、どうですか?

では、またね。

 

あくまでも1個人による感想です。生薬、漢方薬など医薬品全般についての詳細情報は、漢方に精通されている医師、漢方専門薬局の薬剤師や登録販売者の方々に必ずお尋ねください。

 

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
スギ ヒノキ ブタクサ カモガヤ オーアワガエリ キンモクセイ…と、一年中花粉症に悩まされてきたばあばは体質改善を試みてきました。私も漢方薬の荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)で、体質改善をしてみようと思います。2016年春~毎日飲み続けています。おかげ様で 注射に通わなくなりました。花粉症の症状がない時期も飲み続けていたのですが、還元清血飲と当帰四逆加呉茱萸生姜湯を飲む為に休薬していました
荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)への選択肢(蓄膿症・慢性鼻炎・慢性扁桃炎・にきび )
日本で用いる荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、明時代の「万病回春」という古典書にのっている処方を我が国では経験方として発展、アレンジさせた薬方です。体の熱や腫れをひき、病因を発散させ、また、血液循環をよくします。